□□□
□□
一緒にコメントもどうぞ
混雑時送信エラーが多発するためメモ帳等で下書きするかメモリにコピーしておいてください。
面白い投稿や質問疑問が有ればがしがしレスしていきますので。
ついでに応援や励まし罵倒や罵りの言葉も贈ってくださると悦びます。
引用させていただく場合が多いので言葉遣いはあまり乱れないでくれると助かります。
タグは使わないでください。特にリンクはURLを書くだけにして下さい。
アニメや画像をそのままUPしたようなものは掲載しません。(YouTube・UPローダー等
過度のエロスも掲載できません。(胸くらいまで

UPされたものがオリジナルであるならばOKです。それ以外は出来るだけネタ元を。
メモ帳等で書いてから貼るとミスが減ります。改行は出来ません。<BR>とでも。
リンクフリーです。相互でなくても構いません。
拍手コメントなどで報告していただければ結構です。
メールもお待ちしてます。
提供型Amazonリンク作成支援ツール「ろりぷにりんく。」 是非ご活用下さい。
こちらの普通の「Amazon検索ページ」からも利用可能です。
お気に入りに登録(IE) お気に入りに登録(IE) RSSを登録 RSSを登録 はてなAに追加
Add to GoogleGoogleのホームに追加
 
 

□□
□□□
もばかべ:デイリーランキング


<< 2017/01/26 を見る [前3日分]  | トップページ |  [先3日分]  2017/02/18 を見る >>

日記 2017年02月01日
Daily comment
■[ロード] オススメのインナーワイヤー末端処理
 


普通にキャップをカシメる人や、ハンダで固める人も居ますが
個人的にオススメなのが熱収縮チューブを被せる方法です。


・安い早い美味い



使用するのは透明タイプのΦ1.5くらいの細い熱収縮チューブです。
価格が200〜300円と安いのも利点です。これで数十回は使えます。

ワイヤリングし直そうと思った場合カシメた場合はカットしなければなりませんし、引っ張って取れたとしてもたぶん先端は潰れてしまっていると思います。
ハンダはそういった問題はありませんが、ハンダの道具を用意する手間とある程度の技術が必用です。高熱を使うので事故もあるかもしれません。



熱収縮チューブだと適当な長さにカットして被せてドライヤーで暖めるだけで終了し、見た目も何も付けてないかのようでしっかりと保護されます、僅かに長めにすることで先端に引っかからないようにも出来ます、ここはハンダよりも利点ですね。
問題は耐久性が比較すると低いことでしょうか、けれど十分には保つと思います。あとはワイヤーを再利用可能ですが剥がす場合にカッターなどで切るのでシフトワイヤーだとワイヤーを切ってほつれさせてしまう場合も有るのでそこは注意が必要です。




先端だけでも十分機能しますが、付けてる感が出てしまうのでオススメは根本までぴっちりカバーする方法ですね。付けてないように見えてスッキリしますし、もしワイヤーの固定が緩んだとしてもチューブが引っかかって抜けるのを防止してくれます。 細いシフトワイヤーでは若干緩くなるので固定力を上げるという目的もあります。


・三倍速くしてみた



赤のテフロンワイヤーにしようかと思いましたが、まぁ大して変わらないと思ったので手持ちの無コーティングをタッチアップペンで見えるところだけ赤く塗ってみました。なかなか良いと思います(笑 塗った上からチューブで覆っているので簡単には剥げることはありません。
STI付属のシマノのシフトワイヤーのビニール皮膜?はあんな簡単にぼろぼろになってしまうのはどうかと思うんですが…

熱収縮チューブを被せてみて思ったのですが、被せた状態でも十分アウターに通ってしまいます。表面はかなりツルツルです。流石にギリギリなのでそれで使うのはどうかと思いますが、厚めのビニール皮膜にオリジナル規格のアウターっていう商品が有っても良い気がしますね(もうあるのかもしれませんが)。グリスを入れてルーティングしたらかなり軽くなりそうです(妄想



・逆に三倍遅くする



アウターは赤から黒にしました。
赤は狙いすぎかなぁ…って思うようになってきたので。
認めたくないものだな。自分自身の若さ故の過ちというものを。



まぁ赤も悪くはないんですけど、大抵のアウターが赤があんまり赤くないんですよね。
ちょっと朱色っぽい赤しかない。
その辺が気に入らなかったのも黒にした理由でもあります。
写真だとものすごく赤く映るんですけどね(笑




あとついでにブレーキのルーティングを右レバー後、左レバー前にしてみました。
ワイヤーのカーブは緩くなり、少しタッチが良くなった気がします。
左右が変わったことで今のところ特に問題は起こっていません。
個人的に左手の方が良くブレーキを使うので左手前が合ってる気がします。


・制動力足りてませんか?

ワイヤーとは違いますが、よくブレーキの話で制動力制動力と言われていますが、雨の日にダウンヒルを攻めるような人はその通りだと思いますが、それでもむしろブレーキでロックしないように気をつけるくらいだと思うんですけど、みんなそんなに握力無いんでしょうかね。体重の違いなんかもあるかもしれませんが、タイヤのグリップよりもブレーキの方が低いってのはないかなぁ。 剛性も一般人にはデュラだと急にかかりすぎてナーバスになりそうな気がします。ちょっとしたミスタッチで転倒、なんてことにならないでしょうか。  それとも引きも極限まで軽くしてフェザータッチでブレーキがかかって月に何千キロ走っても手が疲れないなんて事になってたりするのかな…まぁそういうレベルを必用としている人の為のモノだ思います。


・バーテープのベタベタ対策



バーテープを剥がしたときに悲惨なことになってるというのが定番ですが、へっぽこは先に下地としてマスキングテープを巻いています、ズレてしまうなんてことは今のところ起こっていません。パワー系で不安な人はプラテープなんかが良いと思いますがプラテープのノリが時間でどうなるかはちょっと解りません。ワイヤリングでビニールテープでグルグル巻きにしている人はついでに先端まで巻いておくと良いと思います。ビニテが劣化して多少ノリは付くと思いますが、バーテープのよりはマシだと思います。 バーテープは滑り止めが付いていれば十分ですし、末端や力のかかる所に必用だと思えばその部分だけ両面テープを貼れば良いと思うので最初から全面にあんなに強力なのを付けておかないで欲しいですね。悪しき風習だと思います。



本日の一品

powered by はつばいびりすと

コメント投稿欄

<< 2017/01/26 を見る [前3日分]  | トップページ |  [先3日分]  2017/02/18 を見る >>