<< 2017/07/26 を見る [前3日分]  | トップページ |  [先3日分]  2017/07/30 を見る >>

日記 2017年07月27日
Daily comment
■[ロード] GARMINが高い?よろしいならば中華だ「iGPSPORT iGS60」はコスパ最強!
 


はい、これがGARMIN 510です。

嘘です

画面なんか完全にパk・・・インスパアされていますね。
いま主流のGARMIN Edge520Jだと大体35000円程、海外版を海外通販して25000円程というのが相場ですが、ところがところが

この「iGPSPORT iGS60」ならなんと1万円ぽっきり!!
下手なTV通販かっ

まぁ25000円ならいくつかのプラスアルファ機能とサポートと所有欲を満たしてくれる事を考えれば決して高くはないとはおもいますが。安いとも言いがたく悩ましい。でも35000円はちょっとナイですね(ヾノ´・ω・`)

「まぁでも1万円じゃどうせしょぼいんでしょ?」とお考えになられるところでしょう。
いいえそんな事はありません。
「iGPSPORT iGS60」は“中華のくせ”に意外と使えちゃうんです!


・iGPSPORT iGS60 のスペック



先ず iGPSPORTとは 中国のQiwu Technology Co.Ltd 武漢斉物科技有限公司のブランド。 らしい。  正直初めて聞いたし、日本でロードのアイテムに詳しい人でもほとんどご存じないのではないでしょうか。 実際 創立が2012年の新しい企業のようです。

iGPSPORT


iGS60の主な仕様
 ・GPS搭載 (スピード計測・ルートマッピング・オートラップ・オートポーズ)
 ・2.2インチ 240x320ドット カラー液晶
 ・最大10項目表示(80データから選択) ×5ページ
 ・簡易ナビ機能、高度ロググラフ表示機能
 ・スクリーンショット機能
 ・ANT+対応 (スピード、ケイデンス、ハートレート、パワー)
 ・スマホアプリを使った同期でSTRAVAへの自動アップロード
 ・気圧高度計搭載
 ・IPX6 防水
 ・リチウムイオンバッテリー 連続20時間
 ・サイズ 54x85x22mm
 ・重さ 80g(実測85g)


ということで、GPS、カラー液晶、気圧高度計、ナビ機能ほぼ全部入り!
そもそも1万円でカラー液晶という時点で信じられないくらい。

重さはEdge 510と同じ80g(公式)となっていますが・・・ロードのパーツではサバ読みは基本。
まぁ80g→85gくらいはかわいいものでしょうか?
マウンタを含めると100gくらいです。

マニュアルもほぼ何も書かれていないので解りませんでしたが、任意の2つのボタンの2秒程度の長押しでスクリーンショットが撮れるようです。作動後10秒近く操作不能になるので慌てずに。 失敗して左だけまたは真ん中だけ押してしまうと電源が切れたりログの開始/停止になってしまうので注意が必要です。右ボタンを使いしっかり押すようにすれば大丈夫だと思います。


・ルートナビ機能は制限付きながら可能



残念ながらGARMINの様に地図データを利用したナビは出来ませんが、今時はスマホがあるので正直必用とは感じません。これもあとで紹介したいですが、骨伝導ヘッドフォンを付けてYahoo!カーナビの音声案内(デレステ仕様)を使うとものすごく捗ります。これはガチです。 まぁサイクリングロードのナビは出来ませんけどね。

ルートラボやSTRAVAからのルートのインポートもそのうちアップデートで対応してくれそうな雰囲気はありますが残念なことに今のところ公式には走行ログの利用以外は非対応になっています。けれどこの辺りも手動で何とかなったので後で紹介したいと思います。

Q,上のルートは一体どこか解りますか?
ちなみにへっぽこは行ったことは有りません(ぉぃ


追記:どうもナビ+アクティビティ記録中はメニューに戻れなくなるようです。ナビだけを止めるということも試した限りでは出来ませんでした。 何事も無ければ特に問題は無いのですが、気温が変化してパワーメーターをキャリブレーションしようと思ったとき、何かの弾みで各機器との接続が切れサーチをしようと思ったとき などの場合一度アクティビティを停止する必要があるようです、これはちょっと困りますね。

追記2:どうもルートの距離が長いとプロットされるポイントがかなり間引かれてしまうようです。20〜30kmくらいまでなら使える感じですが、それ以上だとちょっと厳しいものとなりそうです・・・ここは改善されて欲しいですね・・・


・外観チェック



中華の割に意外とシャレオツな感じに箱に収まってました。Apple風?




充電が残っていて電源を入れられました。
どこかで見たことのあるような画面デザインですが気にしたら負けます。
ここまでやるんだったら開始時のBEEP音もマネしてくれたら良かったんですけど、普通にピッと鳴るだけでした。アップデートで何とかしてください(笑




背面のゴムを外すとmicroUSBコネクタが現れます。
ご覧の通りマウンタ固定具の形状はGARMINと(ほぼ)互換性があります。
固定具中心の穴がスピーカー用で、そことUSBコネクタとの間にあるのがたぶん気圧・温度用の穴では無いかと思われます。




何を考えているのか、ストラップホールが前部にあります。
自転車から落ちないように取り付けるなら後部に有る方がスマートだと思いますが・・・
当然GARMINは後部にあります。


・データ表示画面は10パターン+2



データ表示はデータ数に応じて10パターンあります。 表示数につき1パターンなので、1つだけ最大のまま最小を6つ等の細かい設定は残念ながら出来ません。 フォントサイズは実のところ大か小の2サイズしかないので少ないのを選んでもあまり意味は無いですね。  この表示のカスタマイズ性はアップデートで向上されると良いなと思う点です。
ただの数値マトリクス以外に走ってきたルートログを表示するページ(兼ナビ)と標高データのログをグラフ表示するページがあります標高データはナビになっていればもっと有用だと思いますがログなので自己満以外ではあまり意味は無さそうです。

表示可能言語は英語と中国語。流石に日本語はありませんが、まぁ必要も無いでしょう。


・GPS精度は悪くはない・・・が何かが違う



ファームウェアV1.16からGPS+Glonassに対応しました。GLONASSというのはロシア版GPSです。精度に大きな差は無い様ですが衛星の数が31から54に増えることで悪条件下での精度の低下を減らすことが可能になります。 ちなみにGPS+Beidou(北斗)という中国版GPSも利用することが出来ますが・・・あまり意義は見いだせません・・・  まぁそれと当然と言えば当然ですが日本のみちびきには非対応です(笑 GARMIN Edge 520Jは対応しているようです。流石35000円様は出来が違う。



某土手を4往復したデータですが、乱れは一切ありません。
ただ地図とは位置が全体的に東に数mズレてしまう傾向があるのが気になります。これを見る限りでは計算値の誤差では無く地図との座標系が根本的にズレている可能性が考えられますね。どちらが間違っているとは言えませんが少し気になる点ではあります。今のところSTRAVAでのセグメントなどで問題は起こっていません。(セグメントはどれくらいのズレまで許容されるんでしょうね?) 一応Android Appよりは大分マシだと思います。そもそもアレは落ちてダメになることが多いし・・・

他のGPSサイコンではどうなのか比較してみたいと思い STRAVAでいろいろなデバイスと比較してみましたがまぁそんな大差は無いですね。GARMIN等でもズレは少ないように見えますが完璧ということも無くズレているところも多々有ります。サイコンに関してはみちびきの効果はあまりないのでしょうか? iGPSPORT iGS60がズレているとは言っても数mでマップを拡大すると解る程度。何かシビアな条件をクリアしなければならないなら別ですが、サイコンとしては十分でしょう。

ただ先日のグラフにも現れていましたが、STRAVAにアップロードしたときにスピードのグラフがギザギザになってしまい実際よりもかなり速い最高速度が表示されてしまう現象が気になる問題でした。 STRAVAはスピードメーターの記録ではなくGPSから独自に算出していると思われ、記録タイミングと算出の範囲とのイタズラで起こっているのではと予想しています。 この現象は他社のサイコンのグラフでも確認することが出来ました。 同じグラフの中でも起こっていたり起こっていなかったりするのが悩ましいところです。

記録ファイルはGARMINのfit形式でSTRAVAでは互換性がありますが、ガーミンコネクトにはアップロードに失敗していまいます、自社製品以外は弾くようになっているのかもしれません。デバイスネームを偽装してもダメだったので結構厳しくチェックしているようです。


・スマホアプリとの同期が・・・

環境にも依るのかもしれませんが、アプリがiGS60を認識はしてくれるんですけど、データ同期が何故か出来ませんでした・・・ 通信がタイムアウトしてしまいます。 まぁ結局充電のためにUSBを繋ぐのでそんなに手間は変わらないんですけどね。 Bluetooth周りの問題だとは思うのですが、情報が無いだけに解決は難しそうです。 スマホから本体を弄るのにも使えると思うのでアップデートなどで繋がってくれるようになることを期待しています。


・もちろんちゃんと中華パワーメーター使えました



キャリブレーションもちゃんとできます。
正しく出来ているのかは解りませんが、これはANT+の規格でしかない思うのでサイコンのの良し悪しはまぁ関係ないと思います。パワーメーターの方はどうかわかりませんが(;´∀`)


・装着してみたところ



ぱっと見では中華であるとはバレないと思います(ぇ
きっとGARMINだと思ってくれることでしょう(マテ
よしロゴを偽装しよう(錯乱




自作マウンタでかなりスッキリ。
ステム中心からのマウンタ規格出来ないもんですかね。エアロも増えたから下部取り付けになっちゃうのかな。自分はカバーに穴開けて付けました。 一般的にはボルト取り付けがありますが角度の調整が出来ないのが多いんですよね。




以前のもこれでも更に前よりはスッキリしてたんですけどね。


・オススメしたい脱着具付きストラップ



ダイソーで買った脱着具付きストラップを付けて反対側を適当なところに結んでみました。
これなら付け外しも早いし落下もちゃんと防げます。
ただこれくらいの長さだとタイヤには当たってしまいますね・・・
後部にストラップホールが有れば紐ももっと短く済むんですが(´・ω・`)


・マウンタは自作するもの



サイコンを外すと自作マウンタはこんな感じ。 歴代最高傑作!(ぇ
取り付け具のゴムフックはカットしようかとも思いましたが、貧乏性なので残しました。互換性のあるGARMIN用の取り付け具のここだけ安くあれば買っても良いんですけど・・・まぁ十分用足りているのでこれでいいです。




美しいツライチ。  ステムのボルトだけが残念。


・昼間の液晶の見え方はカラー液晶なり


ライトオフ


ライトオン

写真では違いがわからない・・・
・・・昼間ではバックライトを付けようが付けまいがCATEYEには敵いませんね。
この辺はGARMINでも一緒なので諦めるしか無いんですけどね。
スマホみたいに全く見えないとかでは無くそれなりにちゃんと見えるので問題は無いです。


・夜はばっちり



18時半から夜間カラーになります。一日中どちらかに固定することも出来ます。
タイムカウンターは最小表示だと1時間を越えると「分:秒」から「時:分」に切り替わります。正直最初戸惑いました。「:」ではなく普通にhmsを書けば良いと思うんですが・・・伝われ、この想い。




夜間なら最小輝度のバックライトでもハッキリ視認できます。これはもう当然ながら反射型のモノクロ液晶では到底太刀打ちできませんね。
ご覧の通り消費カロリーがやたら高く計算される気がします。カロリーではなくジュールを見た方が良さそうな気もしますね。とはいえ暑いこともありそんなにおかしくも無かったりするんでしょうか?


・「GARMIN Edge520J」に有って「iGPSPORT iGS60」に無いもの

 ・20g軽量の60g
 ・地図利用簡易ナビ機能
 ・IPX7による水没対応
 ・Connect IQによるカスタマイズ機能
 ・STRAVAセグメント表示対応
 ・国産GPSみちびき対応
 ・Di2接続
 ・ガーミンコネクト
 ・国内サポート
 ・シリコンケース/防護フィルム(別売)
 ・カッコイイ
 ・GARMINを持つ悦び

 その逆は
 ・一回り高い解像度 240x320ドット2.2インチ(Edge520:200x265、2.3インチ)
 ・中国産GPS北斗対応(笑)
 ・25000円安い


やはり大きいのは地図でしょうか。安心を求める方には国内サポートも重要かと思います。そのほかも有ったら良いなと思う機能ですが、これらにプラス25000円払えるかどうかが分かれ目になると思います。


・中華サイコン「iGPSPORT iGS60」は“買い”か?


中華サイコンだと他に「bryton」が比較対象でしたが、モノクロでフォントも微妙だったのと値段も変わらないこと(Rider 330だとむしろ高い。530だともっと高い)などからiGPSPORT iGS60を知ってからは対象外になりました。けれど国内でも買いやすい価格なのでサポートなどを考えると悪くはないでしょう。 中華ではありませんが比較的安くてそれなりに安心して使えるLEZYNEのGPSサイコンもありますが、まぁ断然iGS60かと思います。 金額を気にしなければ当然GARMINを買うべきです、ただ1万円ぽっきりという価格に大きな魅力を感じ買ってしまったとしても失敗したと思うことはまずないでしょう。 ロードのアイテムは価格で選ぶなとどこかでも書かれていますが、かといって最上級のモノを買い揃えられるはずもありませんよね。  製品の満足度は一段落ちるかもしれませんが、掘り出し物を選んだという満足感は得られるでしょう。 あと一時的に話のネタに出来るので注目を集めたい方もどうぞ(笑  だって集まるとみんながみんなGARMINなんだもん。


結論:GARMIN Edge520Jを買おう!(ぇ-


ここまで来てまたそれかよ!とツッコミも当然です。
自分で買うつもりはありませんが、人に薦められるのはGARMINですね。
もちろんへっぽこはiGS60でちゃんと満足できています。
やっぱり中華は自己責任でね♪ (^ν^)






本日の一品

powered by はつばいびりすと

コメント投稿欄

<< 2017/07/26 を見る [前3日分]  | トップページ |  [先3日分]  2017/07/30 を見る >>


    最近の記事

2017/11/27
・[ロード] ノヴァテックハブの後輪のベアリングを交換してみた

2017/11/19
・[ロード] PROLIGHT TECHLACEに使われているTeXtremeカーボンとは?
・[ロード] GIRO EMPIRE SLX を1年近く使ったので今更レビュー

2017/09/29
・[ロード] 100円で何でもカーボンにしてしまう魔法のシート

2017/08/01
・[ロード] iGPSPORT iGS60 にルートをインポートしてナビに利用する方法