<< 2017/10/19 を見る [前3日分]  | トップページ |  [先3日分]  2017/11/21 を見る >>

日記 2017年11月19日
Daily comment
■[ロード] GIRO EMPIRE SLX を1年近く使ったので今更レビュー
 


EMPIRE SLXはGIROの最高級シューズ(当時)で日本での通常価格はなんと39,800円
まぁ、今でこそPROLIGHT TECHLACE (46,000円!)にトップを明け渡すこととなってしまいましたが、そのクオリティの高さには何ら変わり有りません。
無駄話ですが、ロードでジロと言えばジロデイタリアですが(?) ということはGIROはイタリアのメーカー・・・ではなくアメリカのメーカーなんですよね。最初勘違いしてましたよ。

GIRO EMPIRE SLX
GIRO PROLIGHT TECHLACE


最初はEMPIRE ACCを買うつもりだったんですけど・・・気付いたらEMPIRE SLXを買っていた・・・超スp(  全部新春セールの所為だ!(購入は1月でした)。 買値は25,000円程のお買い得価格でした。それでも高いですけど、ロード乗り的には普通なんでしょうか?(笑

GIRO EMPIRE ACC



・かっこいいは正義


EMPIRE SLXの魅力はなんといってもそのデザイン。正直ロード用シューズは大人用子どもシューズって感じでダサいのばかりなんですよね。特にベルクロが。 ACCをやめてEMPIRE SLXにしたのもこのデザインに惚れたからという一点に尽きます。
このEMPIRE SLXは昔ながらの靴紐タイプで脱ぎ履きはベルクロやボアに比べると面倒ではありますが、見た目のシンプルさが好き。エアロ的にも良さそうな気がします(ウィギンスがアワーレコードで履いてたくらいですからね)


靴紐をいちいち結ばなくてもいいように、くつひもストッパーなるものを導入してみました。併せて紐の両端を熱収縮チューブでまとめました。 これで、引っ張って押さえて挟むだけで履くことが出来ます。脱ぐときも引っ張るだけで脱げます。もちろんこれでもベルクロとボアに比べると手間はかかってますけどね。


・日本人とEMPIRE SLX


シューズと言ってもスポーツの道具であり、結局のところ走りではどうなのかということが最重要と言えるでしょう。

〜履き心地〜
細身のシューズで靴紐により全体を絞ることが出来るので甲部分のフィット感は抜群です。その代わり若干欧米人の足に合わせているところもあるようで、日本人の幅広甲高の足には合わない場合が多いかもしれないことには注意が必要です。フィット感が良かったとしても靴紐が横に広がってシュッとしたデザインが台無しになってしまうこともあるでしょう。悩ましいですね。 自分は細身で扁平が悩みでしたが、この靴には合っていました。 踵のホールドは弱めで熱成形してがっちりホールドするのが好みの人には合わないと思います。ただ甲がしっかりフィットしているので自分はその必要は感じませんでした。必要以上の引き足というのも最近のトレンドからは外れていますしね。

それでもやはり細身という部分で一つ問題が出てしまったのが内反小趾気味の小指でした。右足の小指の付け根の関節が少し出っ張っているので当たって長時間乗っていると痛くなってしまいました。これは自分の足に問題があるからですが、素材に伸縮性がないというのも一つの原因かもしれません。

一般的な内反小趾対策アイテムは指の股に挟んだりタコ用の様に円形にガードするものが大半ですが両方とも結局圧迫され指が痛くなったりと上手く行かず、いろいろ自作して試してみたらかなり問題を解決することが出来ました。 その方法は、指側ではなく付け根より手前の甲側面にクッションを設けることで、間に挟んでガードするのではなく突っ張りを入れることで小指全体がフリーになり痛みを抑えます。やっていることはタコ用に近いですが、タコ用では小指が圧迫され痛くなってしまったので円形ではなく半円のみにしたというのが違いですね。


〜軽さ・硬さ〜

重量はサイズ46で紐とインソール無しで片側197g(仕様ではsize42.5で175g)、付属の軽量インソールが左右で23g、アーチサポートタイプの基本が左右で28g、交換用のアーチサポートの左右で、Sが8g、Mが8g、Lが11g。紐が片方5g。 込み込みで426g〜442g。
前に使っていたシマノの廉価品と比べると200gくらい軽いです。PROLIGHT TECHLACEは更に100g軽くなるようですが正直デザインはあまり好きじゃ無いですねぇ。

軽くなったことでケイデンスが上げやすくなったかとか 走りが変わったかといわれると、まぁ変わらないでしょうね・・・ロングやヒルクライムで細かくデータを取れば違いは出るほどの軽さだとは思いますが。

ソールは名前にもあるようにEASTON EC90SLX。ACCは普通カーボン(?)でSLXはハイモジュールカーボンを使用していてより硬く軽くなっています。
ナイロンのソールからハイモジュールカーボンのソールに履き替えることになりましたが、正直硬さでの違いは良く解らないというのが正直なところ。踏んだときのダイレクト感が違う!とか言いたいところですがやっぱり解りませんでした。しなる様に力が加わることはないと思いますのでどういうときに違いが出るのかは頭でも解りません。 靴底がかなり薄い(6mm+インナー1mm、2mm)ので履き替えるとペダル位置が低くなるので注意ですね。薄くなったことでのダイレクト感は・・・はい解りませんです。


全く役に立たないレビュワーだな!!!


まぁへっぽこはホイールが前後で800gくらい軽くなっても良く解らない鈍感さですからね・・・
手で持ったときの違いはわかるんですけどね(笑


・閑話


10ヶ月でこんな感じになってしまいました。
つま先が前輪に当たるのが大きな原因ですかね・・・
ソールも結構傷だらけですが、クリートをはめるのを失敗したときが原因ですね。百発百中になりたい・・・

インソールのアーチサポートは扁平なへっぽこは最初Sを使っていましたが、今ではMを使うようになりました。つま先側で踏むことでアーチが成長したと言うことなんでしょうか?痩せただけかもしれません。当初Mでは絶対にダメだったので確実に変化はしました。 これについてはソールのアーチサポートの高さが4セットも付属しているというのはものすごい利点だと思います。某西海岸メーカーでは別売りでしかも高いですからね。それを考えると割安と言えるのかもしれません。へっぽこみたいに変化してもしっかり対応することが出来ます。追加料金無しで!

ロード用シューズのデザインですが根本的な部分での変革はなくコンサバに感じます。フレームはダイアモンド!みたいなUCIルールで縛られているのかもしれませんが。 エアロを考えると(見た目はともかく)上のようなデザインが良いのでは無いかと思いますし、靴下を穿かなくても良いような設計なら軽量化とワンサイズダウンとフィット感向上も図れるのではないかと思います。


本日の一品

powered by はつばいびりすと

コメント投稿欄

<< 2017/10/19 を見る [前3日分]  | トップページ |  [先3日分]  2017/11/21 を見る >>


    最近の記事

2017/11/27
・[ロード] ノヴァテックハブの後輪のベアリングを交換してみた

2017/11/19
・[ロード] PROLIGHT TECHLACEに使われているTeXtremeカーボンとは?
・[ロード] GIRO EMPIRE SLX を1年近く使ったので今更レビュー

2017/09/29
・[ロード] 100円で何でもカーボンにしてしまう魔法のシート

2017/08/01
・[ロード] iGPSPORT iGS60 にルートをインポートしてナビに利用する方法